生命保険の賢い選び方

賢い生命保険選び

一時期のバブリーなころは生命保険貯金なんてはやりました。
本当は大金を支払っているので、マイナスなのですが「貯蓄型」とか聞くと、あとあと助かるな・・・的な考えで今のことはそっちのけで何十年後を考えていたわけです。
いやいや本当は今のお金が大切です。

マヒは怖いですね。

みんなが入っているように感じる生命保険。
みんなはどんなタイプの生命保険に加入しているんだろうと気になりませんか?
生命保険と一口にいっても、金額はもちろん種類もさまざまです。
自分に合うものを探すことが大切ですよね。
必要ない生命保険に加入して、毎月のやりくりが大変になっては意味がありません。
例えば検討する方法として、なぜ自分は生命保険に入るのか?というところから考え出すことが必要です。
続きを読む

生命保険は見直し時

最初に生命保険に加入したのは、社会人1年目でした。もちろんですが、保険のことなど全くの素人(今でもプロではありませんが・・・)最初に覚えた感覚は、社会人なのだから当たり前のことなのだろうな〜という感じでした。
みんなが入っているから、勧誘にもくるのだろうくらいの軽い考えでした。

社会人1年目もちろんですが未婚です。
しかし説明を簡単に聞くくらいで加入。
死亡保険付のものに知らずに入っていました。
知らずに?と言われそうですが、本当に知らない間に死亡保険付に入っていた感覚です。
しかしお金の使い道や、将来設計ができるような落ち着きを持ち出したころ、あれ?私って死亡保険必要なのか??とフト疑問に思ったのです。
よく考えれば当然なのですが、ここでやっと生命保険の見直しを考えました。それほど大げさに見直しを考えたわけではないのですが(笑)私に必要なのは死亡保険より、入院や通院保険なのでは?と思ったのです。

続きを読む

生命保険の学資保険タイプ

生命保険といっても、それは種類がさまざまあります。
一般的に生命保険は社会人になると、なんとなく意識しだす保険のような気がしますよね。
責任ある行動的な感じでしょうか。
自分の責任は自分で取れるように。
そのため自分になにかあった場合、金銭的に家族などに迷惑がかからないように入る認識。
それが生命保険のような気がします。

ところが自分が知らない間に、割とおおくの人が生命保険に加入している場合が多いのです。
それが0歳児から加入できる「生命 学資 保険」ですね。
これは親になった人たちが貯金の感覚ではいる生命保険の1つだと言えると思います。なにしろ学校に行くのにはお金がかかります。
自分では想像できないほどの金額かと思います。
そんなときのために加入しておく生命保険が生命 学資 保険です。

続きを読む

生命保険の国内系と外資系

生命保険と一言でいってもありとあらゆる会社から出ていますよね。
それも、会社1つとっても種類が多くてビックリします。
コマーシャルなんかも、いろいろな芸能人の人が出ていて、それで覚えたりもしますね。
あの「アフラック!」と叫ぶ白鳥の子供?アヒル?(アフラックダックって言うらしいです)のコマーシャルで有名なアフラック 生命保険も、優しい感じで好感をもてますね。
このアフラック 生命保険ですが、やはり種類がありまして、大きく分けると「医療保険」と「ガン保険」となるでしょうか。
病気やケガをメインに扱う保険に、死亡保障がついた保険。
ガンと診断されたときに活躍してくれる保険などさまざまです。
調べてみると、女性ならではの保険とか、60歳を過ぎると保険料が無料になるものなど、アイデアも他の生命保険会社に負けない感じです。死亡保険の中でも、ゆくゆく保障の重点をどこに置くか、自分で決めることの出来る保険とか、40歳〜80歳の間であれば誰でも入れるものとか。
自分のニーズにあったものを、しっかり選ぶことが出来そうです。
続きを読む

生命保険ランキング

現在の生命保険は、以前に比べるといろいろな会社から比較検討できるようになりました。
それは時代の関係もあるかと思いますが、昔などは会社に来ているからなんとなく〜なんていう方が多かったように思います。
それに比べて現在はテレビでのコマーシャルでも、あちらこちらの生命保険会社が競って販売しています。
もちろん国内・国外問わずですよね。外資系生命保険も頑張っているようです。
生命保険会社も販売競争といえます。

そんな多種多様な生命保険ですから、自分で決めるのもなかなか大変です。
ネットが普及したのでランキングや口コミなどをみて検討する人も多いようです。
他に便利なのが、販売員の話を聞かずとも、自分の条件でいろいろな会社の情報がつかめると言う「一括、資料請求」の方法もあります。
これは時間がない方なんかにも便利ですよね。
続きを読む
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。