保険レディと自分 生命保険の賢い選び方

保険レディと自分

生命保険とはどんな保険をいうのかな?とフト思いました。
もちろん死んでしまったときとか、手術するときにおりてくるお金くらいは想像つくのですが。
他の詳しいことなんて、あんまり分からないし意識したことがありませんでした。
いいとしして〜これではダメかと思い少しだけ調べてみると。
自分が思っていた以上に情報が多くてビックリです。みんな真剣に探したり、調べたりしているんだと反省。
そう言えば会社に頻繁に足を運ぶ保険レディの方たちがいたっけ。
私の知り合いでも保険レディをしていた人もいたっけなぁと。
生命保険のアレコレより、生命保険レディが気になりだしました(笑)

生命保険レディなんて響きだと、かっこいい感じもしますが、実は大変な仕事のようです。
なんとなく会社にきても敬遠されがちだし、きれいな格好で腰を低く、でも押しは強くないと商品は売れないし。
商品(保険)自体が目に見えないものなので、説明のプロフェッショナルじゃないと、信用を勝ち取ることができないし。
考えただけでも、大変なことですよね。
保険レディの売りこむ生命保険は、死亡だの入院だの通院だの。
どちらかと言えば重い感じの商品です。

会社ごとにキャラクターもあったな・・・なんてことも思い出しました。
そのキャラクターグッツも自己負担だと知り合いから聞いてビックリ。
人気のキャラクターなんかだと請求されている保険レディなんかも見かけました。
それだけ契約成立になれば、お給料に反映されると言うことでしょうか。
入る側は「言いくるめられたら大変」「聞かない聞かない、目を合わせない」なんて警戒してしまいますが、そういうことを考えると募集がたえないのも判る気がします。
とかいう私も社会人1年目に保険レディの勧誘に負け?あとから考えると必要ない保険に入っていたので、どうも苦手意識があるのですが。
悪い人たちでは決してないのですがね・・・。
保険レディの言葉がアドバイスと受け入れることが出来るくらいの、知識が自分にも必要かなとは思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。