年末調整の生命保険控除 生命保険の賢い選び方

年末調整の生命保険控除

年末調整の生命保険控除は、お勤めされている方は年末になると言われるのが「保険に加入されている方は、そのハガキなども一緒に添付してください」みたいなのが、会社から言われますね。
年末調整する際に、還元されると言う意味です。
なんとなく加入している分だし、戻ってこなければ損な感じがしますが、こちらは上限が決まっていまして最高で5万円までです。
この分が申告する際に、少々返金される仕組みです。
返金されるといっても、5万円が返金されるわけではありません。
ここ注意が必要ですね。「5万円ラッキー♪」とは、いきません(笑)
この5万円に対して、所得やらなんやらで計算され、税金が安くなる分、残りの少々が戻ってくる形です。
少なくても戻ってくることが多いので、申告しなければ損ですが。

細かく見てみますと、1年間のトータルで支払った生命保険料に対して、おのおのの所得から控除してもらえると言う仕組みなのです。
もちろん所得の関係がありますので、それぞれの金額は変わってきます。
同じ生命保険の種類に加入しているから、もどりも一緒と言うわけではないということです。

なんでも日本人は心配性の人が多いのか?
かなりの割合で生命保険に加入しているそうです。
そう考えると、年末調整時期に、この生命保険の控除をうけないのは、まったくの損ということになりますね。
会社に勤めている方は、そうそう難しいことはないと思います。
会社から届く書類に一緒にくっつけて提出すれば、たいがいの計算や戻りの処理を会社がやってくれますから。
そして、その生命保険の書類は年末近くになると、生命保険会社からハガキなどの形で届きます。
ですので提出することを忘れなければ、微々たる物でも返金されると言うことになります。忘れずに提出しましょうね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。