生命保険の国内系と外資系 生命保険の賢い選び方

生命保険の国内系と外資系

生命保険と一言でいってもありとあらゆる会社から出ていますよね。
それも、会社1つとっても種類が多くてビックリします。
コマーシャルなんかも、いろいろな芸能人の人が出ていて、それで覚えたりもしますね。
あの「アフラック!」と叫ぶ白鳥の子供?アヒル?(アフラックダックって言うらしいです)のコマーシャルで有名なアフラック 生命保険も、優しい感じで好感をもてますね。
このアフラック 生命保険ですが、やはり種類がありまして、大きく分けると「医療保険」と「ガン保険」となるでしょうか。
病気やケガをメインに扱う保険に、死亡保障がついた保険。
ガンと診断されたときに活躍してくれる保険などさまざまです。
調べてみると、女性ならではの保険とか、60歳を過ぎると保険料が無料になるものなど、アイデアも他の生命保険会社に負けない感じです。死亡保険の中でも、ゆくゆく保障の重点をどこに置くか、自分で決めることの出来る保険とか、40歳〜80歳の間であれば誰でも入れるものとか。
自分のニーズにあったものを、しっかり選ぶことが出来そうです。
一度、アフラックのホームページを覗いてみると、分かりやすく説明されているので、良いかと思います。

他に外資系ですと、プルデンシャル 生命保険が大手で有名でしょうか?
外資系ということもあり、日本の生命保険会社の持つ特徴とは異なるところもあるようです。
「外資系」なんていうと違和感がありそうですが、今は自動車保険をみても参入が非常に多いですよね。
そして今までの日本の生命保険の常識をうちやぶるようなアイデアをもっていたりと、気になる生命保険です

ここでの特徴は、入る人それぞれのタイプに合わせて、細かくオリジナルな感じの保険に入れることのようです。
国内の生命保険では、なんとなく「これに、これを付けて〜」とセットで販売されるのが多いようですが、プルデンシャル 生命保険は販売される人の誇りもあるようで、かなり熱心に相談にのってくれるとか。
納得するまで話し込めるところは、長い間の付き合いになる生命保険には嬉しいことだと思います。

人気の高い商品には日本のものでも、外資系でも、それぞれそれなりの理由があります。自分に合った商品・販売員に出会えることが理想ですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/48898151
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。